rin_to_bonのブログ

賃貸住宅で猫と暮らして

「黄泉がえり」は呪いの映画!?いえいえ『パッチギ!』に比べたら(^^;

f:id:rin_to_bon:20200911003757j:plain

黄泉がえり

1)黄泉がえり(よみがえり)

2)『黄泉がえり』原作者が「次々に警察沙汰になっていくなあ」

梶尾真治さんのツイッターから

 梶尾氏は「映画『黄泉がえり』に出ていた人々は、呪われたように次々に警察ざたになっていくなあ」とツイート。

 映画「黄泉がえりとは2003年に公開された作品で、原作は梶尾氏の同名小説だ。

 映画公開の3年後となる2006年7月、映画に出演していた「極楽とんぼ」の山本圭壱さんが未成年の女性との淫行があったとして警察から任意の事情聴取を受け、吉本興業から専属契約を解除される事案が発生。

山本さんはその後、芸能活動を休止、さらにはフリーランスで活動するなどしていたが、2016年11月に吉本興業と再契約するに至っている。

 また、映画公開の6年後である2009年4月、主演を務めていた草なぎ剛さんは東京都内の公園で泥酔状態で警察に発見され、その際に暴れるなどしたため現行犯逮捕。

逮捕の翌日には釈放されたが、直後には草なぎさんが沈痛な面持ちで記者会見を開くなど、世の中を仰天させたことはいまだに語り草になっている。

 そして、映画公開から17年後となる2020年に発生した伊勢谷容疑者の逮捕劇。映画の出演者としては3人目となる警察沙汰であり、まさに、ゴシップで言うところの「呪い」と言える状況だ。

17年の間に3件の警察沙汰が、

次々と…って言うほど?

3)パッチギの呪いにくらべたら(^^ゞ

映画『パッチギ!』に秘められた恐ろしいパワー(情報に誤りがあったらごめんなさい)
  • 2005年:映画『パッチギ!』公開、キネマ旬報ベスト・テン毎日映画コンクールブルーリボン賞など数々の賞を獲得した名作として知られているが、なぜかその関係者が〝不幸〟に見舞われている。

  • 2007年:沢尻エリカさんは、主演映画「クローズド・ノート」の舞台あいさつで「別に...」とぶっきらぼうな対応をみせ、大バッシングを浴びた。その高飛車な態度から「エリカ様」という呼び名が定着。(2009年9月末に所属事務所との専属契約が解消、2012年まで女優活動はなく、2019年、麻薬取締法違反の疑いで逮捕伊勢谷友介氏の逮捕にも関係がうわされている…とか?)
  • 2009年:映画の音楽を担当していた音楽プロデューサーでミュージシャンの加藤和彦氏が、軽井沢のホテルで首を吊って死亡しているところを発見されました。
  • 2010年:映画を制作・配給した『シネカノン』が1月倒産しています。 同社は『フラガール』や『月はどっちに出ている』などのヒット作を手掛けてきましたが、約47億円の負債を抱えて経営破綻しました。
  • 2011年:沢尻エリカさんの兄役の高岡蒼佑さんは、フジテレビの韓流偏重放送を批判して事務所を解雇され、女優の宮崎あおいさんと離婚。(2016年には路上で20代の男性に対して顔面を殴るなど軽症を負わせたとして傷害の疑いで逮捕され、2020年8月3日自身のインスタグラムで俳優業引退を発表した。)
  • 2012年:主演の塩谷瞬さんが、モデルの冨永愛さんと料理研究家園山真希絵さんとの二股交際が報じられ、その後、芸能界を干されました
  • 2017年:塩谷瞬さんの友人役の小出恵介さんが17歳の女子高生と飲酒・不適切な関係を持ったことで青少年保護育成条例違反の疑いで書類送検されました。

ま、置いといて(^^;

4)柴咲コウさん、うますぎる!

そういえば、劇場で鑑賞した時、

柴咲コウさんの歌唱シーンに、

当然「口パクだと思った」事を思い出しました。

つまり、絶対本人が歌っている訳がない…と。

 

柴崎さんの歌を、

聞いた事が無かったのは勿論ですが、

なんといってもうますぎる(@@;)

5) YouTubeで「月のしずく」のLIVE映像を公開。


KO SHIBASAKI CONCERT TOUR 2019『EARTH THE KO』 月のしずく | 柴咲コウ

 

映画のシーンが思い出されて、ウルウル(涙)

 

スマートな猫さんは、

柴崎さんちの愛猫さんでしょうか?

 

最後までお読み頂いてありがとうございましたM(_ _)M