rin_to_bonのブログ

賃貸住宅で猫と暮らして

『マトリックス4』米公開、2022年に延期決定 モーフィアスは帰ってこない?

f:id:rin_to_bon:20200822194716j:plain

マトリックス
マトリックス4』米公開、2022年に延期決定 モーフィアスは帰ってこない?

マトリックス4』は2021年5月21日に米国公開予定で製作が進められてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、2020年3月中旬から撮影中断となっていた。

 中断以前、本作の撮影はドイツ・ベルリンにて行われており、米Deadlineによれば「来月(7月)にも再開される可能性がある」とのこと。

 コロナ禍を受け、ハリウッドの映画・ドラマはほぼすべて撮影を見合わせてきたが、6月に入ってから再開の動きが見えつつある。

 『マトリックス4』には、オリジナル3部作からネオ役のキアヌ・リーブス、トリニティ役のキャリー=アン・モス、ナイオビ役のジェイダ・ピンケット=スミスが復帰。

 新キャストとして「ウォッチメン」(2019)ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、『ゴーン・ガール』(2014)ニール・パトリック・ハリス、「Marvel アイアン・フィスト」(2017-2018)ジェシカ・ヘンウィック、『アナと雪の女王』クリストフ役のジョナサン・グロフ、『ベイウォッチ』(2017)プリヤンカー・チョープラーが出演する。

 脚本・監督にはラナ・ウォシャウスキー監督が復帰し、共同脚本は『クラウド アトラス』(2012)の原作者デイヴィッド・ミッチェル、作家アレクサンダル・ヘモンが担当。前3部作からは、いまや『ジョン・ウィック』シリーズ監督のチャド・スタエルスキ&『デッドプール2』(2018)デヴィッド・リーチがアクションに参加するほか、コンセプチュアル・デザイナーのジェフ・ダロウ、ストーリーボード・アーティストのスティーヴ・スクロースも続投する。撮影監督は『クラウド・アトラス』「センス8」でウォシャウスキー監督とタッグを組んだジョン・トール

マトリックス4』製作されていたんですね!

 

実は、わたくし『3』では、

すっかり落ちこぼれてしまいまして(^^ゞ

解ったような、解らないような?

 

と、そんなことより、

こちらにビックリなんですが!!!

キアヌ・リーブス主演『マトリックス』シリーズを手がけたウォシャウスキー姉妹は、現在それぞれの道を進んでいる。

最新作『マトリックス4(仮題)』にはのラナのみが復帰し、のリリーは登板しないのだ。

姉妹

兄弟の間違いでは?!

 

とこんなの発見(@@;)

全く知りませんでした!

世間では常識でしょうか?

 

しかも、二人とも、

女性のお姿が自然(^^;

代表作『マトリックス』シリーズについても、リリーは「ジェンダーの要素、トランスとしての経験がたくさん隠されています」と明かす。

そもそも、資本主義や大企業、社会にあふれる抑圧に対する「怒りと憎しみから生まれた」映画だというのだ。

「私自身が感じていた、抑圧への怒りが沸騰していました。

だけど、それを隠しておかなければいけなかった」。

あらためて映画を観れば、物語を超えて浮かび上がる“怒り”を感じられることだろう。

そうなんですね!

 

映画公開が迫れば、

またTVで一気見できると思うので、

その時はぜひ先入観を持って

鑑賞しようと思います。

 

それより『4』では、

モーフィアスが帰ってこないどころか、

別人のモーフィアスの噂? 

やっぱり、

ローレンス・フィッシュバーンがいいなぁ!!!

 

最後までお読みいただいてありがとうございましたM(_ _)M